医療法人 橘正会 片山歯科医院

大阪市住之江区にある歯科・歯医者、片山歯科医院のホームページです。

TEL:06-6685-6010
大阪府大阪市住之江区御崎3-4-23
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

【AEDを常備しております】


虫歯の進行について

虫歯の進行

虫歯の進行度について解説します。
気付いた頃には、意外と虫歯が大きくなっていて、自分が思っていた状態よりもかなり悪くなっているということが多い虫歯。
健診などでも良く聞かれる、「CO」、「C1」、「C2」、「C3」、「C4」について
歯を横からみた図です。虫歯がない状態。「CO」とは、歯に白斑や、色素沈着しているような状態で、
虫歯で穴は開いていません。この状態であれば、歯磨き粉に入っているフッ素の力で、歯が再石灰化(もう一度歯を硬くしようとする現象)することがあります。
【C1】
歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。プラスチック(コンポジットレジン)でつめれば治るなど、小さい処置で済みます。また小さいものであれば、COに戻ることもまれにあります。
【C2】
C2とは、虫歯が象牙質(エナメル質の下の組織)まで到達してしまって穴があいている状態です。小さければプラスチックでつめるという処置で終わりますが、図を見ても分かるように象牙質には「象牙細管」という管が通っているので、虫歯が漏斗状になっていて、意外と削ると大きな虫歯になっているということも多々あります。
虫歯の入り口は小さくても、大きな虫歯になってることがあるということです。
こうなると、プラスチックでは強度的な問題があり、部分的な金属で修復するしかありません。
強い痛みはありませんが、冷たいものや甘いものが凍みるなどの症状がでたりします。
【C3】
C3は神経(歯髄)まで虫歯が到達している状態です。
こうなると、激痛が生じることが多々あります。
虫歯の原因は、歯垢である細菌の塊。その細菌が歯をとかしていき、歯髄まで到達しているのですから、歯髄を取る処置をしないといけない。
こうなると、歯の崩壊が著しい場合が多いので、
最終的には歯全体を覆う金属のかぶせ物をしないといけなくなります。
【C4】
C4とは、歯の頭の部分(歯冠)が崩壊してしまい、
咬めない状態になったもの。こうなると、隣の歯が動いてきたり、上の歯が咬む歯を捜すため下に降りてきたりしてしまいます。
咬む場所が狂ってくるという状況になります。
こうなると、他の歯の治療までしないといけなくなるということなんです!!最終的にはC3と同じ歯を全体的に覆うかぶせ物の治療法になるかあるいはここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。
【Per】
根っこの下に黒い病巣がありますこれを根尖病巣と言います。
根尖病巣(根尖病変、根尖性歯周炎)とは、歯の歯根の先端付近にできる病気の総称です。
細菌が歯髄を感染させてしまい、根に病巣を持たせてしまった状態です。こうなると、治りが悪くなります。ここまでくるのに、時間をかけて病巣を作るわけですから、治るのも時間かかります。根尖病巣はほとんど自覚症状が無いことも多いのですが、放置してそのままにしていると、ある時急に痛みが出始めたり、健康な隣の歯にまで悪影響を及ぼしてしまったりしますので、適切に対処することが必要です。

 

全体的な流れは、こうなりますね。

頑張って予防しましょう。

 

 

※当サイトの画像の一部は「TRINITYアニメ」((株)モリタ)の素材を使用しています。
無断複製、転用、流用を禁止します。